初心者プロデューサーに贈る10のプロダクションのコツ

eq_comp

初級プロダクションのコツ10個

熟練の音楽プロデューサーになるには長い道のりがあります。プロスタジオ、ホームスタジオどちらを使ってもそれは同じです。熟練した腕を持つために学ぶべき事は沢山ありますが、今回は楽曲制作をより良くし、素人っぽく聴こえさせないための10個のシンプルな方法をご紹介します。

1.コンプレッションテクニックを学ぶ
各トラックのボリュームの上げすぎや、たくさんのサウンドを一緒にレイヤーする事によって音が割れてしまうことがあります。しかし音が割れないレベルまで音量を下げると、今度は迫力のないサウンドになってしまいます。これを解決するために、コンプレッションミキシングについて学ぶ必要があります。コンプレッションを適切に行えるようになると、曲の中の一番大きい音と一番小さい音の幅を圧縮することが出来るので、音が割れる事なくボリュームアップできます。

2.濁った音をEQで削る
各トラックの低周波数域をカットするのはとても良い方法です。ローエンドの音がたくさん重なると、音が濁ったりすぐクリップしてしまったりします。EQを使って、それぞれのトラックのローエンドをRoll offすることで、より音圧とクリア感を手に入れることができます。Roll offする音域はトラックによって変わってきますので、必要な音までカットしないように気をつけましょう。

低音域以外でも、同じ周波数帯でたくさん音が重なりすぎると音が濁ります。濁りを避けるためには、それぞれの周波数帯でどの楽器が鳴っているのかを意識しながらトラックメイクしましょう。当然、周波数はどの楽器を選んでも重なる部分が出て来ます。例えば、二つのベースサウンドはお互いを干渉し合い位相の問題を引き起こします。EQを使うことによって重なりすぎている周波数を取り除き、ミックスをクリアにします。すべての周波数域にぶつかることなく綺麗に楽器が構成されることで、クリアなサウンドを作る事が出来ます。

それぞれの音の必要な部分、カットするべき部分を見分けにくい場合は、スペクトラムアナライザーで視覚的に確認しながらその過程を学ぶのも良いと思います。スペクトラムアナライザーをそれぞれのトラックに入れることで、Roll offされるべき濁った音がある帯域や、特定の音が飛び出している場所を確認出来ます。ぶつかっている2つの音の片方をEQで削ると、反対の音のその削った部分の音域がぐっと前に出たりします。うまくEQを駆使してミックスの中で活かしたい音をよりクリアに聴かせましょう。

3.シンセのプリセットを重ねる時に気をつける事
最近のシンセサイザーのプリセットはとても良い音色で作られています。多くのVSTインストゥルメントは素晴らしいプリセットをたくさん備えていますが、それを重ねる時に問題を起こすことがあります。

これらのプリセットの多くは、不自然にステレオフィールドを埋めるだけでなく、多くのローエンドやハイエンドも埋めてしまうからです。このような入念に処理されたプリセットをいくつか一緒に使うときには、EQを使って、これらの魅惑的な音がクラッシュしている周波数域を注意深く削らないと、濁った音になってしまいます。

シンセの仕組みを学んで、プリセットを修正することができるようになるとさらに良いでしょう。自分だけのシンセの音色を生み出したり、その曲に合うようにプリセットを修正することによって自分だけのオリジナルなサウンドを作ることができます。

4.リヴァーブのかけすぎに注意
初心者プロデューサーがよくしてしまうミスは、処理のしすぎとエフェクトのかけ過ぎです。これは適切に処理すればクリエイティヴな結果を得られる反面、エフェクトをかけすぎることで曖昧でぐちゃぐちゃな音にしてしまいます。リヴァーブは非常によく使われるエフェクトです。リヴァーブをかける時の一般的な目安として切った時にはじめてかかっていた事に気付くかどうかぐらいに薄くかける事です。リヴァーブをかけすぎたトラックは、素人っぽいものになってしまいます。もちろん狙って深くリヴァーブをかけることもありますが、特に意味が無いかけすぎには気をつけましょう。

5.リミッターを使いこなす
リミッターは役立つツールですが、音圧を稼ぐためにリミッターを深くかけすぎてしまうことがあります。トラックにリミッターをかけすぎることによって、書き出した音がダイナミックレンジがない真っ黒の波形になってしまうことがあります。これをその見た目から海苔波形と呼んだりします。海苔波形の曲は、音圧は出ていますが不自然に聴こえてきます。ラウドネスとダイナミックレンジのバランスを見極めてリミッターをかけることが大切です。

6.ホームマスタリングの基礎を学ぶ
リミッターをかけすぎた曲の反対は、弱くて低いボリュームのトラックで、適切にマスタリングされていない曲という事になります。音圧の弱いトラックは目立たなく、迫力がありませんので、比較的音が出ていてパンチがあるようにトラックを作る基本をつかむことが重要です。最近のプロデューサーは、ソフトウェアプラグインで自分でマスタリングする人もたくさんいます。現在のプラグインは、トラックの総合的な音圧をしっかり上げてくれるので、適切に使えばプロフェッショナルな結果を出すことができます。

7.音のタイミング
ビートやベースライン等、音を強く打つタイミングは慎重に考えましょう。これを疎かにするとおそらく単調なリズムパートに終わってしまいます。この問題を解決するのに「クォンタイズ」が役立ちます。クォンタイゼーションに関しては、機械的なドラムトラックになるのが嫌な場合は、人間的な”揺れ”を残す為に75%〜90%だけクォンタイズするなどかけ具合を調整します。ほとんどのDAWのマニュアルにクォンタイズの方法は載っていますので、読んでみることをオススメします。

8.ループの処理
ループはDTMに必要不可欠なパートになっています。しかしループが適切に使われていなかったり、同じループがずっと鳴っている事によって飽きやすいトラックになってしまいます。何度も同じサンプルを使いたいときは、様々なバリエーションにエディットして、聴いている人を惹き付ける工夫をしましょう。スライス、ピッチ、リヴァースなどで変形したり、転調したり、形を整えたりする方法があります。

9.部屋の音響処理
ホームプロデューサーに最もよくある問題の一つは、音響処理が欠けていて、ベース音を吸収してしまうような部屋で音楽を制作している事です。これはプロスタジオではなく、自宅で楽曲を作る全員が気をつけなければならない問題です。これについては、シンプルで費用対効果がある音響処理の情報をネット上でたくさん見つけることができます。ラグをほんの少し注意して置いたり、ブランケットをつるすだけで、その空間からベストなミックスを得ることもできます。

10.現在使っている機材をマスターする
プロダクションツールやソフトウェアはたくさんの素晴らしい製品が存在しますが、自分が使っている機材をマスターすることは、より良いプロデューサーになるためにとても大切なことです。自分の機材を完全に使いこなせるようになって初めて、次のレベルに行くためには何が本当に必要なのかを知ることが出来ます。フリーソフトウェアの中には素晴らしいものもたくさんありますので、まずはフリーウェアで処理の方法を学び、自分の知識や技量に合わせてさらにプロフェッショナルな機材へと移って行くと良いでしょう。

 

今回は、以上10個の初級プロダクションのコツをご紹介しました。DTMには他にもたくさんのコツがありますので、少しずつご紹介していきます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です