オーディオとMIDI

オーディオとMIDIとは?

DTMで扱う音素材は、主に「オーディオ」と「MIDI」の2種類があります。それぞれの特徴、違いを見ていきましょう。

 

オーディオ

audio

オーディオデータとは生の音の事で、楽器の音などをそのまま録音したものを指します。mp3やAIFFもオーディオファイルです。例えばマイクでドラムの音をオーディオ録音した場合、ドラムの音だけじゃなく空気の音や部屋のアンビエンスも録音されるので、臨場感のある音素材になります。弱点は、直接音を録音してしまうため「後からシンセの音色だけを変える」、「一部分だけ音程を変える」などの変更は難しくなります。

 

MIDI

midi

MIDI(Musical Instrument Digital Interface)とは、鍵盤や電子ドラムなどの演奏データ(音の強弱や音階など)をデジタル転送するための世界共通規格で、「MIDIキーボード」は「MIDI」の情報をDAW(DTMソフト)に打ち込むためのキーボードです。MIDIは演奏データなので後から「シンセの音色を変えられる」、「音程やメロディを自由に編集できる」といったメリットがあります。打ち込み方の良し悪しでクオリティが大きく変わります。

上記のように「オーディオ」と「MIDI」にはそれぞれの良さがありますので、トラックによって使い分ける事で、DTMの自由さと迫力あるサウンドの両方を得ることが出来ます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です